まましごと応援団

働くVOICE 働くVOICE

完璧でなくたっていい。子どもと一緒に成長できる、ママでいたい。 神尾 株式会社ベルシステム24

完璧でなくたっていい。子どもと一緒に成長できる、ママでいたい。 神尾 株式会社ベルシステム24

神尾 株式会社ベルシステム24

完璧でなくたっていい。子どもと一緒に成長できる、ママでいたい。

profile

36歳。2児の母。次男が保育園に入ったことを機にベルシステム24へ。当初は1日4時間程度の勤務だったが、子どもが大きくなったこともあり10時から17時のシフトに変更。
現在はコールセンターのコミュニケーターとして活躍する。

小さな子どものママである自分にとって、3時間から4時間がベストだったんです

小さな子どものママである自分にとって、3時間から4時間がベストだったんです

ベルシステム24に惹かれた理由は、ママである自分にとってベストな勤務時間があったから。仕事を終えて、買い物をして、子どもを迎えにいく。そんな生活をしようとするとフルタイムで働くのはちょっと怖いですし、勤務地も自宅のそばでなければ難しい。その点、ベルシステム24には豊富な仕事があって1日4時間ほどの勤務からスタートできますし、通勤時間も30分ほどと私にはぴったりの条件がそろっていました。コールセンター業務は未経験でしたが、勤務時間に惹かれて面接に応募。もちろん入社後に学ぶこともたくさんありましたし、簡単なことばかりではありませんでしたが、それでも8年続けてこれたのは"ママが働きやすい環境"が整っていたからだと思います。上司とは2ヵ月か3ヵ月に1度、定期的に働き方について話していますし、子どもの成長に合わせて勤務時間を相談できることも大きな支えのひとつになっています。

いつかはリーダーになって、職場に恩返しできたらなって

いつかはリーダーになって、職場に恩返しできたらなって

仕事を始めたばかりの頃は次男が小さかったこともあり、熱を出した子どもを保育園に迎えに行くケースも珍しくありませんでした。そんなときに支えてくれたのが、上司や先輩たちの優しい心遣い。「今日は抜けていいよ。早く子どもを迎えに行きなさい」という言葉に勇気づけられることもありましたし、「後は任せて。じゃんじゃん電話が鳴ってもなんとかするから」という冗談にも救われていました。あれから数年が経ち、今では次男も小学3年生。子育てもすこし落ち着いて勤務時間も増やすことができましたし、今度は私が職場に恩返しをする番。現在も「大丈夫?なにか手伝えることある?」「もうすぐ自分の仕事が終わるのでサポートしますね」と声をかけるようにしているのですが、ゆくゆくはリーダー職にも立候補してもっと大きな視点でみんなを支えていけたら嬉しい。今以上にママたちが笑顔で働ける職場をつくること。それが私の目標のひとつになっています。

仕事を始めてから、食卓の話題も増えたような気がします

仕事を始めてから、食卓の話題も増えたような気がします

全国から掛かってくるお客さまの電話を、私が受け取る。ただそれだけでご縁を感じてしまいますし、お客さまからの感謝の言葉も大きな励みになっています。ベルシステム24で働き始めてから会社の話を食卓でもするようになったのですが、「今日は『お昼いただきます』って言おうとしたら『お風呂いただきます』って言って爆笑されちゃった」なんて話すと盛り上がってくれて。ときには息子たちが「僕も頑張るから、お母さんも頑張って」と応援してくれることもあるのですが、主婦だけでなく"コミュニケーター"としての居場所ができたことで、部活や勉強に励む子どもたちとの話題も広がったような気がします。まだまだ仕事も家事も完璧に両立できているとは言い難いのですが、ちょっとつまずきながらでも息子たちと一緒に成長していけることが私は楽しい。学校だって、ひとつの社会。働く母の姿を見て、何かを感じ取ってくれたとしたらこんなに嬉しいことはありません。

上司からママへ

現在活躍中の英会話学校のコンタクトセンターでは、ビジネスマン、学生からだけでなく、お子さまをお持ちの親御さまからのお電話も非常に多くありますので、神尾さんのお母さんならではの目線での安心感のある対応は、他のスタッフの良いお手本となっています。非常に大変なお仕事ですが、周りを楽しい雰囲気にしてくれる持ち前の明るさや、面倒見の良さ、みんなを引っ張ってくれる姿勢にもいつも助けられています!今後も、様々な対応を通じてお客さまのハートをつかみ、寄り添ったコミュニケーションをとることで、より良いセンターを作り上げていけるように、一緒に頑張っていきましょう。

^