まましごと応援団

ママの活躍ナレッジ ママの活躍ナレッジ

全国約1万のママの声から見えてきたリアル「私たちは、働きたい」

全国約1万のママの声から
見えてきたリアル「私たちは、働きたい」

日本財団ママプロ・ポストツリープロジェクト

全国約1万のママの声から見えてきたリアル「私たちは、働きたい」

全国約1万のママの声から
見えてきたリアル「私たちは、働きたい」

日本財団ママプロ・ポストツリープロジェクト

全国約1万のママの声から見えてきたリアル「私たちは、働きたい」

全国約1万のママの声から
見えてきたリアル
「私たちは、働きたい」

日本財団ママプロ・ポストツリープロジェクト

ママの社会課題を解決するための
ニーズ調査「ポストツリープロジェクト」

ポストツリープロジェクトは、「ママが産み、育て、活躍しやすい社会づくり」を目指す日本財団・ママプロが、企業や行政、NPOと恊働でママのリアルな声を集めるプロジェクト。全国のイベント会場などで、ママの「お困りごと」や「こうなったらいいな!」という思いを、ママ本人に葉っぱに手書きしてもらい、その声を社会に届けている。全国20カ所以上で集めた声は、約1万を超えた。
共働き世帯の増加、核家族化、地縁が薄くなる中現代のママのニーズを調査し、その声を種に笑顔を増やすプロジェクトを生み出そうとしている。

見えてきたのは「働きたい」ママたちの思い

「仕事と夢」「育児環境」「ココロとカラダ」「妊娠&出産」「地域&行政」「生活いろいろ」と多岐にわたるテーマに寄せられる声のなかで、多くを占めていたのが「働きたい」にまつわる声だった。「子どもに誇れる仕事をしたい」「子育てしながら新しい仕事がしたい」。ママたちの声からは、子育てや暮らしと同じように、自分の仕事や夢も大事にしたい、働きたいという思いが伝わってくる。働くことに前向きなママたちがたくさんいるにも関わらず、「働きたくても働けない」現状がある。

今こそ「ママが働きやすい職場づくり」を、社会全体で

少子高齢化が進む中、ママの働き手としての活躍が期待されている。ママ一人ひとりが自ら働きたい思いを伝え、一歩踏み出すことが大切だ。ママたちがいきいきと働き、企業も地域も共に伸びていくために、今こそ企業、行政、団体などが連携して「ママが働きやすい職場づくり」に向き合っていくことが、社会問題の解決につながっていく。短時間、曜日限定、勤務地、ママの力が活かせる仕事、保育の選択肢の拡大…。それぞれの立場から踏み出せる一歩が、きっとあるはずだ。まましごと応援団でも、企業、団体と共に「ママの働きやすさ」に本気で向き合っていきたい。

ママの笑顔を増やすプロジェクト「ポストツリー」

http://mamapro.jp/posttree/

^